10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

富士急俺様日記

さて、富士急&BBQ&山梨観光のリレー日記が完成したので俺様日記行きますよー!
参考までにリレー日記は以下の通りです。
(よこさんの日記がもしかしたらマイミクさんしか見られないかもですが、多分すぐ設定変えてくれるはずですので何回かトライしてみてください。)

①出発&帰宅-あほ子car-/あほ子さん
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1513404192&owner_id=622505
②出発&帰宅-りんcar-/へろんさん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1513526637&owner_id=3306295
③富士急ハイランド/もこちゃん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1513539701&owner_id=1728820
④BBQ大宴会+朝食/こぐっち
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1515334577&owner_id=1502758
⑤チーム忍野八海+山梨県立富士湧水の里水族館/俺様日記
http://erosthanatos.blog64.fc2.com/blog-entry-576.html
⑥チーム紅富士温泉+おさかな公園+風穴・氷穴/よこさん
http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1517202048&owner_id=103347


【行きの車中】
朝6:30。
国際フォーラム前にてりんさんCarメンバー(りん・へろん・こぐっち・桃/敬称略)全員集合。
車に乗り込み霞ヶ関のICを目指しますが、ここらへんって如何せんわかりづらい道なのよね。
あれ?もしかして直進したら行き止まり?ここを曲がるの??って感じで手探り状態で進んでいきながら、途中で赤信号だったのに気づいてびっくりしてブレーキかけたりとか、みんなでワイワイ修学旅行な感じで車内で楽しんでいました。
りんさんが「CD持ってくるの忘れたー」と言っていたので、ポータブルCDケースに入るだけ入れてきた私の本気を見せよう(`・ω・´)ってことになり、天気も良かったので一番最初はFATBOY SLIMの「LIVE ON BRIGHTON BEACH」をチョイス。
そしたらりんさんが「これってテクノ?私テクノだったらDAFT PUNKがスキー」と言ってきたので、ここでも私の本気を見せるときが来た。
「DAFT PUNKライブ版だけど持ってきたよーーー!!!!」
多分車外にまで響く声で叫ぶ私。テンションはMAX。とりあえずヒッヒッフーって呼吸して自分を落ち着かせました。
FATBOY SLIM→DAFTPUNKにBGMが変わる頃になるとなんとなく渋滞な感じになってトロトロ走行に。
やっと談合坂まで来たのはいいけれど、これから先も渋滞だったら困るなぁーってことで食事より現地着に重点を置いてトイレ休憩のみで出発。
それが功を奏したのか、9:30には富士急の駐車場に付くことができました!!


【富士急ハイランド】
富士急に着いてまたしてもテンションが上がる私たち。
フリーパスの場合、入口近くにある撮影機で顔写真を撮るわけですが、なぁーんにも考えなかった私は子供用の撮影機でドヤ顔して撮影してしまいました。
ちなみに子供用は低めにカメラが設置してあって腰を曲げなければ撮影できないため、大人だと必然的に前屈みになりカメラに近づく→顔が大きく撮影される。というわけですな。
なので頭半分切れてる。だけどドヤ顔。
「こ、この写真を半日、アトラクションに乗るたびに人様に見せ付けなければならないのか!!!」と、そんな羞恥プレイの倒錯世界を朝っぱらから知ったわけですが、4人中3人同じことしてて笑ったw
さすがだな、うちら\(^o^)/
で、まず最初にあほ子Car組を待つかってことになったのですが、とりあえずなんかウォーミングアップな乗り物に乗ればいいじゃない!ってことでパニックロックというのに乗りました。
うん、これは朝一に乗るのにピッタリなアトラクションでした。
微妙にお尻が浮き、微妙に速度もあって、微妙に楽しい。
まぁ、微妙と書いていますが一番合う言葉は「地味」の一言なんだと思いますw

そして「まだあほ子さんから連絡は来ない!」ってことで、とうとう本気を出し始めるうちら。
次はナガシマスカという水物ライドに乗ることになりました。
フリーパスを見せて並ぼうとするといかがわしいおじさんが「濡れるよー、ポンチョ買っておいたほうがいいよー」とダフ屋のように勧めます。
「そんなに濡れんの??」と聞いてみたところ、グレートザブーンに劣らず濡れるとのこと。
なのでびしょ濡れになってあほ子さんたちと合流して「なにはしゃいでんだよ(怒)」と言われるのも恥ずかしかったのでポンチョを購入。
これで準備は万全です!!
5分ぐらい乗るまで待ったかな?
ちょうど中学生らしき学生たちと一緒になったんですが、彼らはすごいんですよ!若さなんですね、ポンチョをつけてない子達のほうが多かったです。
濡れてギャーギャーキャーキャーいいながらライドから降りてくる子達が眩くって三十路過ぎた私は目を焼かれそうでした。
とある女の子なんて体操着がびしょ濡れでブラジャー(しかも黒だったんだよ)が透けて見えてる状態に……。
あ!なんか思春期っぽい!と興奮してたら3人から「変質者乙」みたいな視線を浴びたよ\(^o^)/
いや、でもあれは思春期だよね???
で、うちらのちょっと前に乗った女の子グループがもう最初から殺されかけてるような悲鳴を上げてた。
『箸が転がってもおかしい年齢だものね』なんて思ってたら、案外ナガシマスカは強敵だった。
水面って言うのがそもそも不安定。水の流れに沿って坂を下っていくんだから怖くないってことはないんですよね。
一応ナガシマスカは絶叫系に分けられてるんだし。
ってことで、中学女子のような声は出せないけどDEATH声のようなものは張り上げてきました。
あ、そうそう、整列前にしっかりぽんちょを買ったこぐっちだったのに、いったい誰と戦っているのか直前になってポンチョを着ずにライディング!!!
もちろんのことびしょ濡れになっていましたよw(主に下半身)
一応びしょ濡れは免れたうちらはあほ子さんたちが来るまでにはしゃいでいたと思われたくなかったので「ゲリラ豪雨に遭ったって言ってよねー」とこぐっちに念押ししておきました。
でも案外上半身は濡れてなかったので、座る場所によって濡れ方は違うのかもしれませんね。

ナガシマスカ後にもうすでにFUJIYAMAに並んでいるとのことであほ子さんたちと合流。
ってことで、本日の目玉、FUJIYAMAに乗ってきたぜー!!!!
もうね、さすがキングオブコースター。文句なし。
強いて言うのならば、一番最初の落下距離+速度+傾斜がもう2個ぐらいあったら良かったかなぁー。
いや、けっこう落下ポジションは多々あったのですが、あんまり怖くなかったのですよ。
80mから落とされるあの恐怖をもうちょっと味わいたかったです。
しかしながら!!!本当に本当にFUJIYAMAは楽しかった!!!
急斜面を急降下する際のあのお尻の浮く感覚!
落ちるさまを見せ付けられて視覚からも怖がらせて腹の虫がキュゥと鳴くあの感覚!
口の中に手を突っ込まれて奥歯ガタガタ言わせられてるようなスピード感!
人がたくさん並んでいなかったのならば、10回ぐらいは乗りたかったですね( ^ω^)
で、まあ、こういうコースターものは途中で写真を撮られるわけですが、隣に座ったへろんさんと私の顔がもういろいろとありえないことにwww
\(^o^)/\(^o^)/ ←本当にこんな感じ。
「三十路がしちゃいけない顔だよ……」と自己を振り返るへろんさん。
うん、確かにあれはお互いキマっちゃってる顔だったよね。
でも撮影ポイントがわかってればもうちょっとまともな顔してたよ!!(キリッ

FUJIYAMAを乗り終わったら、朝食摂らずに来たりんさんCarメンバーは軽く昼食を取り、その後はえぇじゃないかへと向かいます。
怖いコースターランキング世界2位のえぇじゃないか。
これは期待!!!!と思っていたのですが、案外怖くなかった。つーか、怖いと言うよりも純粋に楽しかった!
4次元コースターと銘打ってるだけあって、乗ってる最中はどっちが下なんだか上なんだかわからない状態。
だから落ちる!という感覚もなければ腹の虫がキュウと鳴くこともない。
これはスピード感と回転と浮遊感を楽しむ乗り物だわねぇー。
でも自分の足がありえないところに行ったり不意の落下なんかもあって4次元コースターってのが納得でした!

えぇじゃないかの後は絶叫組と戦慄迷宮組に別れます。
(戦慄組はもこちゃんの日記を参照のこと!!)
絶叫組は私とへろんさん。
とりあえず別れたその足でレッドタワー攻略!
以前乗ったとき、富士山側の景色が良いところに乗れたので今回もお願いしてみたところ「バランスがありますので……」と断られた。
ですよねー、わがままでサーセンwww
でも高さ52mまでいけば必然と景色も良くなるわけで……。
だが高いところが嫌いな私はほとんど薄目状態。そしてカウントもなく突然落ちる!!!
このときばかりは「ギャッ」と声が出た。
そしてそのあとは体にかかるGとの戦いw
深海魚が吊り上げられて胃袋が口から出ちゃうあの現象ですよw
なにも言えないwww
『もうなんでこんなの乗ったの?私』と毎回こういう純粋な落下物に乗ったとき思うんだけど、それでもやっぱりやめられない。
気持ち悪かったけど気持ちよかったー(どっちなんだ)!!!

レッドタワー後に目星をつけたのがトンデミーナ
これが絶叫続きでヘバっていたうちらをいたく喜ばせてくれました。
自転する回転盤がペンデュラムの動きをするわけですが、けっこう頑張ってくれてて90度以上まで振り上げてくれます。
それがなんとも気持ちいい!ブンブンとぶん回されて血が逆流するあの感覚が立ちっぱなしでむくんでいた足に気持ちいい!
景色も良かったしとっても爽快でした。
でもけっこう回転物が嫌いな人にはキツかったもようで、立ち上がれなくなってた人がいましたねー。
私も回転物は苦手ですが、これぐらいなら大丈夫なんですけどね。

トンデミーナのあとはそろそろ体を鎮めておくかってことで鉄骨番長へと。
はい、本日のダークホースがやってきましたよ。
高いところをクルクルまわってるだけだろwwwと高をくくって乗ってみたわけですが、けっこうスピードがありますよ、これ。真横になるぐらいぶん回されます。
しかも50mの高さまで上るって言うのに「ブランコを強化しました(キリッ)」ってぐらいでハーネスもない本当にシンプルな作り。
ワイヤーは直径1cmもないであろうものが四隅にそれぞれ2本づつあって、その細さがまた恐怖心をあおるんですよね。
徐々に上がっていく高度&速度。
こんな細いものに頼っていいのか?肩甲骨の下ぐらいまでしかない背もたれ。ベルトは巻いているけど不安定な体。
どれもこれもが恐怖へと繋がっていく……。
「ねぇ、大丈夫なのこれ?」「ワイヤーぶち切れちゃったらどうするの?」「信頼と安心がこんなに必要だとは!」
と言う感じで地上50mのところで泣き言を繰り返す私たち。かなりみっともなかったと思いますw
フラッフラになりながら無事地上に舞い降りた私たち。手には脂汗みっちり。
「とりあえず手を洗いたい……」
まさか中休みのために乗った乗り物がこの日一番怖かった乗り物だとは思いもしませんでした。
もう絶対乗らないからね!鉄骨番長!!!!

HPもMPもかなりえぐられた私たちが次に向かったのはドドンパ
待ち時間はこの日最高の1時間40分。
でもこれを逃す手はないってことで並んできました。
他のアトラクションよりも比較的男の人が目に付く乗り物でしたね。
それもそのはず、ドドンパはスタートからわずか1.8秒で172km/hに!!
一応急上昇&急降下はありますが、一番の目的はそのスピードにあるんでしょうね。
ってことでやっと乗ったドドンパ。
3.2.1とカウントダウンされ0とともにスタート!
レッドタワーほどのGは感じられなかったけれど、正面からGを受けたからなのかな??
目を開けていたらコンタクトだったら絶対乾いていただろうスピードは本当にすごいと思ったけれど、それが諸刃の刃。
スピードに後押しされちゃって急降下がまったく怖くない。
やっぱね、お尻が浮くあの感覚がないと怖くないよ。
あっという間ってのもありましたし、FUJIYAMAやえぇじゃないかで散々玩ばれたこの体ではちょっと物足りなさが残りました。
また乗りたい!という物足りなさじゃなくて、もっと怖いのがいい!っていう物足りなさね。
でもスピードが好きな人は文句なしで楽しめるアトラクションだと思いました。
しかし!このドドンパは写真を撮る場所がすっごいわかりやすいんだ!
なのでフリーパスの写真に負けずドヤ顔してきました( ^ω^)
v(´∀`*v) 本当にこんな感じでピース(ここに年齢を感じる)する私。
へろんさんは視線合ってなかったけど私はちゃんと合ってたもんね!(キリッ

ドドンパが終わったらカトゥーン・タイフーンで戦慄組と合流。
けっこうぶん回されましたけど、鉄骨番長にはない安心感でキャッキャしてきましたよ( ^ω^)
そして一番最後にもこちゃんと二人で今朝一番に乗ったパニックロックに乗って富士急は終了。


いやー、本当に楽しかった。
時間があればFUJIYAMAにあと2回ぐらい乗りたかったけど、もう閉園間際だったので大人しく帰りましたよ( ^ω^)
りんさんの疲れ具合が見ていて面白かった(゚∀゚)!(他人事)
いや、でもあとでりんさんに復讐されるんですけどね。
ってことで長くなってしまったので一旦ここで切ります。
BBQ&翌日の山梨観光は次の記事に書くことにしますー(´∀`*)

お出かけ

日本人は変態だってよく言われるけど
富士急の乗り物色々のったら本当に日本人って変態すぐる!って思ったわよw
それに喜んで乗ってる桃さんは最強の変態やね!!笑

いやーしかし皆元気だったわー
この勢いがある内に遊び倒したいね
飛行機乗る旅行とかもいいなー

>あほ子さん
なんとーーー!!!
空気を読めて、発言もあまりせず、人との距離を保ち、感情をなかなか表さないという日本人の中の日本人、または一般人代表の私に向かって最強の変態となっ!?
間違ってる!間違ってるよ!!!

いや、でも富士急は楽しいよー!あれはキャッキャ言いながら乗っていいんだよ!
遊具なんだよ!決してドMじゃないんだよ!
私的には戦慄迷宮にお金出していくほうがアレな感じがするわ(`・ω・´)

毎朝新幹線の待合室を見て「電車の旅も良さそうだー」って思ってたけど、飛行機となっ!?
じ、実は飛行機は苦手だったりするんだぜ?
しかも私は絶対ピコーン!って止められちゃう人間なんだぜ?
家族内でのあだ名は「テロリスト」なんだぜ?
そ、それでも良かったら行くぜ行くぜ行くぜ!!

桃さんの絶叫系の強さに尊敬しました!
昔は絶叫大好きでだったのに~って
10年前の記憶を思い出しつつ泣きそうでした。
「もう止めて‥」って口に出してたし(笑)

車、絶叫乗る前に絶叫体験させてゴメンね☆

>りんさん
車に乗るとき絶叫体験ってwww
いやいやいや、カカカッとマニュアル車を操るりんさんはとってもかっこよかったお!!

しかしながらりんさんの富士急でのへばり方は笑ったよ!
言葉に出来ないってきっとこういうことなんだろうなって思ったw
いやいや、実に楽しかった!今度私と一緒に丸一日絶叫乗りまくろう!!!
昔はスキだったんだから絶対思い出すはずさ!!!w
Secre

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

Author:桃
なるほどキモヲタ、アホまっしぐら!

カテゴリー

Twitter

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ