10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

BUCK-TICK RAZZLE DAZZLE TOUR

10月28日
BUCK-TICK TOUR 2010 go on the"RAZZLE DAZZLE"
at 渋谷 C.C.Lemonホール

BUCK-TICKのツアーに行ってきました!
BUCK-TICKさんと会うのは昨年のDIQ振りかしら?
今回はアルバムの「RAZZLE DAZZLE」をひっさげてのツアーだったので、アルバム名どおり煌びやかなムーランルージュのようなステージになりましたよ( ^ω^)

ダフ屋のお兄さんたちも「寒ーい冷たーい!」と嘆くほどの荒天の中、C.C.Lemonホール到着。
開演まで時間があと少ししか残ってなかったのでグッズは12/29の武道館で買うとしてすぐさま客席へ。
いつもどおり10~15分押しでライブはスタート。
SEはRAZZLE DAZZLE FRAGILE(Long Ver.)。
そしてステージに掛けられた幕にジャケットの絵が映し出される。
メンバーが揃って巻くが取り払われると1曲目の「RAZZLE DAZZLE」が始まりました。
とりあえずセットリストはこんな感じ。
本編はだいたいどこの場所も同じな感じ&ネットの情報&私の記憶なので正しくはないかもですw

本編
01:RAZZLE DAZZLE
02:独壇場Beauty
03:PIXY
04:羽虫のように
05:BOLERO
06:Django!!! -眩惑のジャンゴ-
07:狂気のデッドヒート
08:錯乱Baby
09:SANE
10:唄
11:VICTIMS OF LOVE
12:TANGO Swanka
13:くちづけ
14:月下麗人
15:夢幻
16:Solaris

EN-1
17:妖月
18:MY FUNNY VALENTINE
19:Goblin

EN-2
20:ICONOCLASM
21:スピード

そしてメンバーの服装。
あっちゃんは赤い燕尾服に黒のベストとシャツに黒いパンツ。あっちゃんにしてはめずらしくローウェストでびっくりしました。
髪の毛はけっこう短く切られていてファンの間では『春日』と呼ばれているほどw
それを後ろに撫で付けてシルクはっとを被っていました。
メイクは目元が青っぽいゴールドっぽい黒っぽいシャドウで塗られていて赤い口紅。
アルバムのジャケ写真と同じ感じですね。
全体的にシェイプされていて本当にカッコ良くてエロかった。櫻井敦司万歳!!!
今井ちゃんは金ストライプに黒か濃い緑のベロアジャケットにピンクのフリルブラウス。
ボトムは白いシルクのようなテロテロふんわりなズボンでした。
そして今回驚かされるのが髪型。クレオパトラのように前髪をつくってストレートのロングヘアーが色っぽいやらかっこいいやらで大変でした。私がw
前髪は右側が眉の位置で切りそろえられていて、左側が耳たぶの位置。
左側は側頭部が刈られているか編みこまれているかで、後ろで結わえられていてボリュームを出したスタイリングになってました。
靴も赤いド派手なやつで、とりあえず今回の今井ちゃんは可愛い系。
英彦さんはギャートルズかTURISASのような服装でしたw
いや、なんて表現していいんだ、あれwww
毛皮のついたコートなのかな?と思ったけどポンチョっぽくも感じられ、毛皮だと思ってた部分は実は色が違うだけなのかな?とも思われ……とりあえず不思議な格好でした。
いつも黒い服しか着ないから『今回は変わった感じで!』とか言われたのかな??
ユータは相変わらず黒。でも今回はジャケットではなくハーフコートでした。
アニイはカーキー色のジャケット。インナーとボトムが黒でした。


ライブ本編はアルバム曲を順にやっていく感じでしたね。
「雨の中来てくれてありがとう、暖まっていってね!」とあっちゃんが冒頭に言ってたので、ところどころで「暖まったかな?」と聞いてました。
あっちゃんのMCはいつもと比べると比較的普通な感じ。卑猥な言葉は余りありませんでした。残念。
ジャンゴではバックに赤い幕とシャンデリアを思わせる金のチェーンが下りてきて本当に歌詞にあるとおりムーランルージュな感じ。
そんな中であっちゃんが艶っぽい曲に合わせて腰を振る。
メイクと衣装が↑な感じだったのでとっても色っぽかったです。
で、で!!!今井ちゃんがこの曲ではハイパーテンションでとっても可愛かったのー!!!
PEEK A BOOの歌詞に合わせて『いないいないばぁ』をしてくれたり、口に指を差し込んでほっぺをポンッ!と鳴らしたりと、とっても愛らしい(*´ω`*)
そして最後はmemento moriのときのように手拍子ね!ジャンゴ!に合わせて手拍子ね!!
あっちゃんもリズムよく手を叩いてて本当にカッコイイステージングでした。
次の「狂気のデッドヒート」では幕とチェーンが戻されてバックはモニターに代わったのですが、そこに精子が映し出されるわけですよ。
ライブに行って初めてわかったのですが、この曲って精子が卵子のところへ向かう歌だったのねw
あっちゃんが背後のモニターに映し出された精子と一緒に泳いでたのが笑えました。
そんな感じで「RAZZLE DAZZLE」を堪能したらとつぜん耳慣れぬ曲が……。
これは今回のアルバムではない。
そう、そうです!「SANE」です!!!
まさかこの曲が来るとは思わなかったですよー!!!!!
もともとカッコ良い曲でしたがアレンジされて尚カッコよくなってましたね。
だけどやっぱりノリ辛い曲ですなw
そして続いて「唄」。
ここらへんの曲を持ってこられると若かりし頃のことが思い出されて胸熱くなりますね!
ライブで何度も聴いていますが、やっぱりジーンとしてしまうのです( ^ω^)
そして「22年前の曲です」とあっちゃんが言って、続けて曲のタイトルを言ったとき私の涙腺が崩壊した。
「VICTIMS OF LOVE」
殺シノ調ベVer.がとってもとっても好きで何度も繰り返し聞いていたあの頃がホント一瞬で戻ってくるんですよね。
でも今回はタンゴ調にアレンジされていました。こちらもとってもカッコよかったです。
昔の曲はここでまた終わって、私の大好きな「くちづけ」も生で聞くことが出来て大満足の本編。
本編終了の曲の前に「次が最後の曲です」とあっちゃんがいってお客さんが「えぇぇー」と不満を言ったとき、耳に手を当てて煽ってたのがよかったです。しかも「もっとー」と言われて舌出してたw

アンコール1回目。
こちらも大好きな「妖月」。この曲はエロ過ぎ。
そして……きたぞー!!!「MY FUNNY VALENTINE」
今回はどんなエロ仕草をあっちゃんがやってくれるかと期待していたのですが、あまりはっちゃけたことはやってくれませんでしたね。
でも最後は背中を向けて自分を抱きしめてくれましたけど。
「Goblin」では「歌って踊ってー!」とあっちゃん。
うん、この曲は盛り上がるね!

アンコール2回目。
アイコノきたこれ!!!!
私のハイパー今井ちゃんタイム始まったよ、これ!!!
そして〆はBALZACがカバーしてくれた「スピード」。
やっぱこの曲は鉄板だよなー。盛り上がらないはずがないよなー。
ライブだからこそ聴ける『錠剤』という言葉も盛り上がる一因な気がしますw

今回のライブはあっちゃんよりも今井ちゃんがとっても元気で一番ステージ上を動き回っていたように思えます。
相変わらず今井ステップもキレがよく、今井キックも足も良く上がってました。
英彦さんとめちゃくちゃ近い位置で演奏したときもあって、やっぱりフロントが揃うと絵になるなーと実感。
あと、今井ちゃんが背中を向けて演奏しているときが多々あって、Mステでずっと背中向けてたときとか思い出したりしてw
帰りはステージに掲げられていたモニターに「Happy Halloween!!!」とメッセージが出てきてお客さんの目を楽しませていました。
毎回思うのですが、本当に時間が過ぎるのが早いですね。
セトリも最高だったし、12月の大宮も楽しみです( ^ω^)

音楽

Secre

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

Author:桃
なるほどキモヲタ、アホまっしぐら!

カテゴリー

Twitter

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ