10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

発熱そして入院

ラウパが終わって翌日。
この日は実はC田くんがセッティングしてくれた合コンがあったんですw
なので15時ぐらいから準備を始める。お気に入りの入浴剤を入れて昨日の疲れをとる。
肩とか足とか背中とかいろんなところが痛かったけれど、これも勲章だもんね!って思ってたら、背中が異様に痛い。
お風呂の時も庇うようにして入ってました。
で、お風呂から出ると途端に寒気が……。
ガタガタ震えるからとりあえず服を着て布団にうずくまる。
依然として去らない寒気に「いったいどうしたんだ」「なにがあったんだ」頭の中はこの言葉ばかり。
仕舞いにはお布団の中でもガタガタ震えだす始末で体温計発動。測ってみたら39度近く。
えーーーー??朝は普通に特撮見て古新聞出しに行って洗濯してなんともなかったのに、なんでいきなりこんな高熱になるの!?って思ってたら動けないほどの頭痛がやってきました。
C田くんに合コンキャンセルの連絡をして布団の中でガタガタ震える。熱は上がる一方。喉が渇く。
でも、体温が上がりきってしまった後は徐々に熱も下がってきて落ち着いてきました。
なんだよー、これだったらちょっと無理しても合コン行けばよかったかなぁーと思ったのですが、これは序の口だったのです。
夜、またしても発熱。高熱→発汗→寒気→高熱。このコンボが続く。
外出から帰ってきた母親も心配していましたが、熱が下がってる時はそれなりに会話もできるので翌日の月曜日に病院に行くということで日曜日は就寝。
相変わらず体温は38度台をキープしていてアイスノンが手放せませんでしたが、まぁ、この時は意識の混濁もなく体調は安定していたように思えます。

翌月曜日。
朝体温を測ったら36度。おお、熱が下がった!!!ってことで、母親は仕事へ。
午前中は熱が上がることもなく穏やかだったのですが、食欲は皆無。
ラウパから帰ってきて食べた食事以降、なにも口に入れてませんでした。でもそれでもお腹は減らなかったんですよね。
そして立ち上がる気力がない。なので病院はもうちょっと体調が良くなってきてからと思ってました。
だがそれがいけなかった。昼過ぎにまた地獄が始まりました。
40度を超える発熱、嘔吐も続く。耐えがたい頭痛。6時間以上それが続いたとき、タクシー呼んででも病院に行かなければと決心。
近所の病院に電話してみたら本日の診療は終了とのこと。なので救急車を呼ぶことにしました。
人生初の救急車。付添として乗ったことはあるのですが、運ばれるのは初めてでした。
この頃になると意識も混濁して会話もできません。なんとか体を引きずって救急車に乗って近くの総合病院へ。
車内で救急士の人が病状を聴くために質問してくるのですが、とりあえず「寒い、頭痛い」としか言えないわけですよ。
熱はあいかわらず40度以上。どこからの発熱なのかわからない。でもふと思い出した……。
「数日前から膀胱炎になってました」
救急士の方にそういうと、「背中叩いてみても平気?」と言われて、背中を叩いてもらったのですが、全身痛かったのでその時は全く感触がわからず。
病院に着いて頭痛が激しいということでまず最初に頭のCTをとることに。続いてインフルエンザ検査と胸部と胃部レントゲン。
結果を見てとりあえず脳内出血とかからくる頭痛ではないことと、インフルエンザではないことが発見でき、検査入院が必要だといわれました。
「ちょ、まてよ、入院するってそんなに大事なの!?」と、この時初めて自分の病状が酷いことを実感しました。
膀胱炎の気があったとのことで、お医者さんが「腎炎かもしれないねー」と。「血液にまで菌がいってしまったら敗血症になりますので、2週間の入院は予定しておいてください」だってさー。
バカじゃないの!2週間なんて言ったらBUCK-TICKさんのDIQの支払いできないじゃない!牙狼の先行放送見に行けないじゃない!!牙狼をTVで見れないじゃない!!!!
痛む頭でそんなことがいろいろ浮かんできました。
でもやっぱりこの体調の悪いさはどうにかして欲しいってことで、緊急入院。
点滴を打たれ、採血を何本もして、おしっこも2回も取って病室へと移動しました。
入院なんて初めてのことだから緊張。
他に人がいるから寂しくはないんだけど、やっぱり見知らぬ場所でこれから過ごさなければならないということに不安を感じました。
でも体調が悪くなったらすぐ看護士が来てくれて処置してくれるから、安心できることも多々。
初日はわけもわからず高熱にうなされたまま眠りにつきました。



入院までのことはこんな感じ。
入院中のことはこの次に書きます~。

その他

えええ、そんなに大事になってたのか
まさか救急車まで呼んでいたとは…
そりゃ11月になりました、ハイ呑みましょう!とはならないわw
養生しておくれ~

わぁぁ…そんなに大変なことになていたとは!
今こうして、振り返って日記を書けるまで回復して、
本当によかったね!!

ホント、しばらくは今まで以上に体をいたわって~。

ちょちょちょ・・・救急車とか初耳ですヨ。
高熱も膀胱炎もひとごととは思えないんだけど、「数日前から膀胱炎」でよくラウパに耐えたなぁと。
私なら無理だ。
とにかく今は無事に戻ってきていることがわかってるので安心してるんだけど、続きが怖い><

>あほ子さん
自発的には病院行けないほど体が弱ってたのよね。
立つのもままならなくて、座りながら着替えをしたほど。
救急車を悪用でもないけど気軽に呼ぶのが問題になってる昨今だったので、救急車呼ぶのためらわれたけど、さすがにもうダメだった。
今はお酒飲みたい!とは思ったけど、まだ食事関係が自分的にNGなの多いんだ(;´Д`)
だからそれがすべて元に戻ったら復活祭やろうね!!!
12月いいかもね( ^ω^)
本当にご心配おかけしましたっっ(感謝)!!!


>ゆこしゃん
大事だったみたい!私も病名言われるまでは注射かなんかしてすぐ治るものだと思ってた。
今はもう本当に元気で、外で走りまくるとかじゃない限り何でもできるよ!!!
ご心配おかけしました。これからも気を付けるねー( ^ω^)


>マイコさん
救急車でした……。もうホントたまらん状態で呼んでしまいました。
でもまさかそのまま入院することになるとは思いませんでした!!!
膀胱炎は治ってきてたんですよ。なのでラウパの時は全く症状もなく……。
お医者さんが言うには治りかけても菌がまだいたから、ラウパで体力うしなってるところで増殖したのだろうといわれました。
「膀胱炎なめるな」と念押しされて帰ってきました(´・ω・`)
続きはそんなに怖くないですよ( ^ω^)
ただやっぱり辛かったです。もうあんなことにならないよう気を付けようと思います~。

大変だったんじゃない・・・v-12
たかが膀胱炎、されど膀胱炎・・・。女性がかかりやすい病気なんですよv-16

完治したら全快祝いするぞw

しばらくご無沙汰していたあいだに、まさか桃さんがこんなことになっていたとは・・・!??(滝汗)
ホント、今後とも是非ご自愛されて下さいませ。

しかしそんな大変な事になっていても、牙狼やBUCK-TICKさんの支払いの心配をする桃さんに敬礼!です。
バッチリ快癒されたらまた美味しいもの食べなどなど、お供させてやって下さいませ!では~。

>きゅうさん
そう、ほんとうに侮ってはいけないと思いました。
しかも治りかけだったので安心してしまってたんですよね。
昨日ビール呑んだらめっちゃ苦くて……まだまだ完全復活は先のようです。
でも復活祭しましょうねっ!!!!(゚∀゚)


>夕貴ちゃん
そうなの、大変なことになってたのーーーーw
夕貴ちゃんも忙しそうだったし、心配するだろうから連絡はしなかったんだ。
治ったらまた美味しいもの食べに行こうね♪
食事だけだったらすぐにでもだ丈夫だから(´∀`*)ウフフ
Secre

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

Author:桃
なるほどキモヲタ、アホまっしぐら!

カテゴリー

Twitter

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ