10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

BT DIQ2011 武道館

12月29日 BUCK-TICK 「THE DAY IN QUESTION」at 日本武道館


やってまいりました、年末恒例のDIQ。
今回はアリーナA6ブロックという神がかりなチケットが来てずっと緊張しまくりだったのですが、いざ席に行ってみると想像よりも良い席でなお緊張!!!
だってあっちゃんのマイクスタンドが私の目の前なんだよ。そんぐらいどセンターなんだよ!!
7列目だったのでステージを見上げるようなこともなく、見やすい位置でよかったです( ^ω^)
開演10分ぐらい押してメンバー登場!!!!
今井ちゃんはテロテロの青いシャツに黒いベスト。ボトムは幾何学模様のような感じでサイケっぽかったです。そして髪の毛を赤くしてたー!かわいいーーー!!!
あっちゃんは黒いレースのフリフリブラウスに赤いジャケット。黒いボトム。相変わらず美しい。
英彦さんはいつもどおり黒。
ユータは赤のワンポイントがあったけどやっぱり黒。
アニィは赤と黒のいつもの軍服っぽい服。
ここに写真が何枚かあるので参考になるかもー( ^ω^)
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2005371/full/


とりあえずセトリはこんな感じ。
01. HURRY UP MODE
02. SEXUAL ×××××!
03. PHYSICAL NEUROSE
04. ANGELIC CONVERSATION
05. 悪の華
06. さくら
07. JUPITER
08. die
09. love letter
10. idol
11. MY FUCKIN’ VALENTINE
12. Baby, I want you.
13. 極東より愛を込めて
14. GIRL
15. ROMANCE
16. Alice in Wonder Underground
17. Memento mori
18. 独壇場Beauty --R.I.P.-
<アンコール1>
19. …IN HEAVEN…
20. MOON LIGHT
<アンコール2>
21. 夢魔- The Nightmare
22. DIABOLO
<アンコール3>
23. JUST ONE MORE KISS
24. COSMOS

どうだい、すばらしいだろ?
今回は今まで発売したアルバムの中から必ず1曲選曲するということで、ベスト的ライブであるDIQを本当に堪能できました。
簡単に曲とともに覚えていることを書いていきます。
HURRY UP MODEで開始。
私、今回「SEXUALXXXXX !」と「HURRY UP MODE」を聞きなおしていたんですよね。なのでどんぴしゃでこの2曲を選曲してくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったです!いや、でもタイトル曲なので当たり前なのかもしれませんがw
あっちゃんが相変わらずキレのある「HURRY UP MODE!」の掛け声をしてくるからこっちの腕も振りあがるってもんですよ!!!
この冒頭3曲は胸熱くなる流れでしたねー。昔の映像がバックのスクリーンに映るものだからなおさら懐かしくて少し恥ずかしくてw
そして「ANGELIC CONVERSATION」のイントロが流れます。もうなんだろ、あの透明感のあるギターの音色が耳に入ってきた途端にさ、ぶわぁぁぁぁーーーって学生時代……特に高校の頃が思い出されてきたんだよねー。
胸が痛いの!甘酸っぱいの!!!wwwwww
胸いっぱいってこういうことを言うんだろうね!!
そして「悪の華」。
私の痛々しい過去がたくさん詰まったこの曲。
カラオケで悪の華を見事に熱唱しすぎて姪っ子を泣かせたこともある。それぐらい大好きな曲。
当時からはかなり時間が経ってますが、目の前で櫻井敦司がこの曲を歌い、今井寿がギターをかき鳴らすと一瞬でこの曲を繰り返し聞いていたころに戻る。
ジャストワンモア~と悪の華は私の中でやっぱり特別なんですよね。やってくれてありがとう( ^ω^)
冒頭からこのときまで、本当にいろいろ思い入れがありすぎて胸も痛いし呼吸も荒くなる。でも幸せなの(*´ω`*)

ここでちょっと長めのMC。震災があって今回のDIQは仙台でもやることになったのですが、被災されて大変な中ライブを見に来てくれたことに感謝し、また仙台の人は元気があって前向きに感じられたとあっちゃんが手短に述べていた。
そして「いつもはここで座ってもらうんだけど、面倒だから立ったままでいいか」とあっちゃんが言ったんだけど、「座る!」と方々から声が聞こえ、スムーズにみんな座りはじめます。
「では立見の方は立ったままで」と前置きして始まったのが「さくら」。
鎮魂の意味もこめて……との言葉通りしっとりとあっちゃんが歌い上げます。
本当に素敵な曲。イントロだけで泣ける。
以前のDIQで「さくら」をやってくれたとき、桜色に天井を染めてくれたんですが、今回も桜色に染めてくれました。
伸びやかなあっちゃんの声。みんな座って聞き入ってて、でも心にずしんと響きました。
続いて始まったのが「JUPITER」。殺シノ調ベVer.だったよ!!!!!
後ろのモニターには聖堂のような映像が映り、厳かな雰囲気の中メンバーが佇む。そして英彦さんのギター。今思い出しても胸が詰まって泣けてくる!!!!
「JUPITER」が終わるとあっちゃんが磔にされているように両手を大きく広げる。
あぁ、そうか、次の曲はそれなんだね。わかったと同時にイントロが始まります。
「die」
あのジャケットの写真が印象的でした。それとまったく同じポーズをしてくれたんですよね!
大好きなDarker Than Darknessからの選曲。嬉しい( ^ω^)
美しく伸びやかな「die」からの~~~「LOVE LETTER」!!!!!!
そっかSix/Nineからはこれがきたかぁぁぁーー!!!!まぁ今井ちゃんと一緒に歌う感じで盛り上がるしこの間のツアーでもやってたもんね!そして私も大好きです、この曲。
後ろのモニターに歌詞も出てたからニコ生で初見な感じの人たちにも優しいシステムです。
ライトを持ってステージや客席を照らすあっちゃん。でも、「MADNESS MAN」のところで今井ちゃんを照らすのはやめてくださいw
で、久しぶりに聞いた「idol」
私実はアルバム「COSMOS」はあまり好きじゃなかったんですよね。
なのでここらへんからBUCK-TICKはなれてしまったし。だけど今聞きなおすとめちゃくちゃかっこいいですね!!!!
DIQ終わってからCOSMOSヘビロテです( ^ω^)
今回ニコ生で放送してるからか、あっちゃんがあまり動かないので特別記述することもないライブだったんですよね。
でも「idol」ではけっこう手で色々と表現してくれてました。
今井ちゃんワールド全開な曲で櫻井敦司が魅せる、すばらしいです(*´ω`*)
次は「My Fuckin' Valentine」
この曲は今井ちゃんとあっちゃんの掛け合いがかっこいいですよね!今井ちゃんが歌う部分多いので、その間あっちゃんは案外動き回ってました。
盛り上がった雰囲気のまま「Baby,I want you.」へ!
「踊って~」といい頭上でペットボトルを振りまくるあっちゃん。腰を振って踊る今井ちゃん。色とりどりのライトが会場全体を照らしてお客さんもなおさら盛り上がる。
みんな両腕を上げて踊る!踊る!!本当に楽しい!!!
で、ユータが前に来てくれたんだけど、あっちゃんにとっつかまってしまい、バックからガンガン突き上げられてた←
ニコ生で放送されてるのにそんな腰の動きしてっっっ!!!!あっちゃん犯罪的っっっ!!!!ユータも苦笑いでしたよ。
そして「極東より愛をこめて」のイントロが流れだします。
本当にこの曲はライブでやると荘厳さが増されてカッコイイ!!!
そしてここでまさかの「Girl」
モナリザ~からは「Sid Vicious~」がくるかと思っていたからこの選曲は驚いた!
この曲も胸がキュンキュンするんだよねー( ^ω^)
続いて「ROMANCE」きたよ、これ。これはね、絶対くると思っていたね。
今井ちゃんファンな私ですが、これは櫻井敦司のためにある曲だといってもいい。この曲ばかりはあっちゃんを見てしまうのよね。
もう曲じゃなくてこれは舞台。「ROMANCE」だけに限ったことじゃないや、BUCK-TICKはライブが舞台のようなんだよね。物語がある。
声を震わし切なげな声であっちゃんが歌う。
「跪き、祈りの歌を」ってところであっちゃんが跪く。祈るように天を仰げば、もうそれだけで絵になるんだよねー。すばらしい!年末に見られて良かった!!!!
間奏の気だるげな喘ぎも抜群!!!!本当に大好きな曲。
「盛り上がって~」とあっちゃんが言って始まったのが「Alice in Wonder Underground」
きたか、やっぱきたか!!!リボルバーかこれだなと思っていたけど、最近アリスが多かったもんね。
今井ちゃんの歌う部分のときにあっちゃんが今井ちゃんをフューチャーするのがいいんだよねw
また盛り上がりだした雰囲気をそのまま受け継いで始まったのが「Memento mori」
手拍子をするところでパイロが上がります。
おおーさすが日本武道館!特効許されてるから派手だよねー!!!!炎の熱さが感じられました。
そして本編最後の「独壇場Beauty」
盛 り 上 が ら な い は ず が な い !
本編終了にもってこいな一曲です。最初にやってもりあがるのもいいけど、終わりに持ってくるのもいいね!!!


アンコール1回目の1曲目は「IN HEAVEN」
いやー、これも盛り上がるね!!この時代の曲はやっぱり盛り上がるよ!!!
で、今回良かったのが……殺シノ調ベのように「MOON LIGHT」とつなげてくれたことなんだよー!!!!!
そのまま「MOON LIGHT」が始まったとき、34歳とは思えない嬌声上げちゃったw
きゃぁー!言ったよ、久しぶりだよ、恥ずかしかったよwww
でもそれ以上に嬉しくて楽しかったんだ(*´ω`*)


アンコール2回目の1曲目は「夢魔」
あのイントロが流れるとお客さんはみんな櫻井敦司教の信者になっちゃう。
両手をあげるあっちゃんとお客さんたち。異様な世界なんだけど、「夢魔」のときはそれがまかり通っちゃうw
で、次は「DIABOLO」。アリスとこの曲を一緒に持ってきたかw
イントロが似てるから一瞬ビクッとしちゃうのよね。
十三階は月光からの続けての選曲であの世界観を見せてくれたのがうれしかったです。


アンコール3回目。
やってきました。待ちに待った「JUST ONE MORE KISS」
今までガマンしてきたけど、この曲でやっぱり泣いた。私とBUCK-TICKを出会わせてくれた曲。
『重低音がバクチクする。』今もあのCMが甦るよ!!!
あっちゃんが「最後にみんなと歌いたいと思います」といって始まったのは「COSMOS」
いや、実はすんなりはじめられなかったんですよ。
テルミンギターっていうの?それが調子悪かったみたいで、真っ暗なステージでゴソゴソやっているのが見える感じ。
ちょっと長い時間トラブってたのであっちゃんが「ん~~~トラブルー。最後の最後でトラブル~~~でも誰も悪くない~~~」って言ってたw
で、無事に曲が始まりました。なんかここでcosmosがくるのがとっても意外だった。でも未来を感じられる、新しい年がもうすぐって時には案外ぴったりなのかもしれない。
あっちゃんの言葉通りみんなで大合唱。最後なんか後ろのモニターに歌詞まで出してみんなで大合唱。
ちょいちょい周りから失笑が漏れたけど、そんなちょいダサなBUCK-TICKが大好きです!!!!



今回のDIQを総括して……
とりあえず今井ちゃんがめっちゃテンション高くて走り回ってた!
いつもは下手の方ばかりなんだけど、上手の方にもよく行ってました。
ステージ中央にもよく来てくれて、あっちゃんに被さるようにして仁王立ちしてた!笑えた!!w
上手の舞台袖ではあっちゃんと一緒に一つのマイクで歌ったりと美味しい場面も見られましたね。東側のお客さん眼福だったろうなぁー( ^ω^)
今回あっちゃんがけっこうメンバーと色々絡んでて、今井ちゃんがやっぱ最多だった。
英彦さんとも背中合わせで歌ってみたり、ユータは先述したとおりw
今回ニコ生放送もあるからカメラがけっこういっぱいあって、今井ちゃんが座り込むとカメラと重なって見えないときがあった。
こういうときアリーナは不利だよなぁーなんて思ったけど、こんなこと言ったら欲深いわよねw
あとなんか書いておくべきことあるかな。
今井ちゃんステップが可愛かった!!!最後らへんに上手から帰って来る今井ちゃんが後ろ向きのままピョコンピョコンって横歩きしててお尻ガン見してきました。
今井ちゃんお尻小さい~~~~。
あと、あとなにかあったっけかな!興奮状態だったからあんまり覚えてないんだよな!今回のDIQはDVDになったら即買いしようと思います!!!


ああああー、もうなんかこれレポなの?って感じですみません。でも私のこの興奮状態を伝えられただけでも充分かなとw
最後にモニターで25周年の活動内容を宣伝してましたが、今から呼吸が荒くなるようなことばかりでした。
ちょっと飲みに行く回数減らしてお金貯めておかないとーーーーー!!!!
BUCK-TICK25周年、盛り上がっていこうと思います!!!!

音楽

Secre

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

Author:桃
なるほどキモヲタ、アホまっしぐら!

カテゴリー

Twitter

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ