10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

熊本いってきたどー 1

小学生の頃LA-PPISCHを好きになって厨2病になり、今、加藤清正公を好きになって、なんで400年前に生まれてなかったんだ自分!と地団太を踏み、好きな気持ちをだいぶこじらせちゃったんで、こうなったらもう熊本行くしかないんじゃね!?ってことで行ってきましたよ、熊本旅行!!!!
同行者は「旅のプランニングならお任せ!」なあほ子さんと、「熊本なら球磨焼酎だよね!」な酒飲みへろんさんです。


6月22日(土)
前日は興奮してなかなか眠れなかったんですが、0時には寝て1時23分からの牙狼闇照に一度起きてリアルタイムでしっかり鑑賞し、また7時まで寝るという準備万端で挑みました。
化粧もバッチリ施してあまちゃんを見て出発!って思ったのですが、宮本信子の演技に号泣。化粧直しをする羽目に……。ちょちょいと手直しして実家にしばらくの別れを告げ出発。行ってきます!!!
ソラシドエア発着の羽田空港第2ビルにちょっと早めに到着。余裕があったら国際線ターミナルまで足を延ばそうか……なんて思ってたんですけど、羽田空港が新しくなってから行くのは初めてだったので、第2ビルを見るだけで時間ギリギリいっぱいでしたw
その後、あほ子さんとへろんさんと合流して、検査口へ。

130622-1.jpg

私、今まで必ずと言っていいほど金属探知機にピコーンとされてしまうわけですが、今回は金具のついてる服は極力着ないように努め、ピアスも控えめ、ヘアピンもつけずと徹底したら、な、なんと一発OKでしたよ!めずらしい!
ゲートをくぐったら、空弁を求めて徘徊。ねんりんやカフェに羽田空港限定バウムサンドイッチ(?)なるものがありました。
どう見てもお菓子ですなバウムクーヘンをサンドイッチに!?と首をひねる地獄三姉妹。甘いのか、しょっぱいのか、見るだけではわからん!と思い切って買ってみました。
そして飛行機へ……。苦手だけど熊本までの距離を考えたらやっぱり背に腹は代えられん。離陸するときはそりゃもう悟り開いた表情でしたわ。
なんとか飛行機も安定し、空弁~~~~!!!!バウムクーヘンのサンドイッチじゃちょっと少ないかなぁーと思ったのですが、案外ボリュームありました。

130622-2.jpg

全く甘くない生地で、中の具もメチャウマ!!見た目が違和感ありありなだけで普通にいける。また食べたい!でも羽田空港にしかないとのことで残念~~~。ねんりんやで普通に売ればいいのにー。
そんなこんなで空の旅を苦しみながら熊本空港到着。初九州!!テンションあがるぜぇー、止めてみなぁ!!!って思ったけど、熊本空港らしいものって、出口まで一つもないのね。
「ようこそ熊本」とかの看板が空港内にまったくないの。見つけられなかっただけかなー?
だから熊本空港での写真は全くありません(´・ω・`)

レンタカーの手配をあほ子さんがしてくれてたので、乗り込んでいざ出発!
最短ルートをはじき出してくれた優秀なカーナビちゃんのおかげで農道と言うか畦道というか、そんなところ誘い込まれたけど、無事大通りに出られて最初の目的地である人吉に到着。
まずは「白岳」や「しろ」を作ってる高橋酒造に行ってきました。
そこはちゃんと見学用の施設を作ってくれていて、最初は10分弱の映像を見せられます。工場見学の代わりですね( ^ω^)
その後は実際の器具なんかが置いてあり、工程が展覧できるようになっています。急ぎ足で工場を見てまわるよりはわかりやすかったですね、施設内もとっても綺麗だったし( ^ω^)
歴代のポスターやCMなんかも映し出されていてとっても楽しめました。
そしてやってきたぜ、試飲コーナー!!!!
「球磨焼酎・白岳」、「米焼酎・しろ」、吟醸酵母を使った「吟麗・銀しろ」、ウィスキー樽で作った謹醸「金しろ」、「プレミアム焼酎・待宵」、「古酒・子守唄」、その他梅酒三種がおいてありました。
白岳としろはどこでも飲めるので、銀しろから試飲開始!!!
まぁ、改めて列挙するまでもなく、全部美味しかったですよ( ^ω^)
特に気に入ったのが子守唄。これがアルコール度数38%なんて言う恐ろしいものだったんですが、飲んでみたらまろやかでコクもあって美味しいの!!!
普段38%なんて飲まないけど、これならいける!!!
で、梅酒は甘いからスルーして土産を買って帰るかって思ったら店員さんが入れてくれちゃったわけですよ、試飲カップに……。
甘い酒が苦手なので顔を見合す私とへろんさんw
まぁ、仕方なく……と手に取ってみたら、この梅酒が美味いの!!!!!!初めてこんな美味い梅酒飲んだよ!!!!!ビックリした。ヘンな声でた!!!
んで、となりの樽で寝かせたって言う梅酒もいただいた、これも美味い!んで、九州限定の梅ポン(デコポンと梅酒のミックス)もめっちゃ美味しかった!かき氷にかけてわっしゃわっしゃ食べたいほどw
でもねー、やっぱスタンダードな梅酒が本当に本当に美味しくて、すぐさま売店で梅酒を買ってしまいましたとさ。
「白岳 あの頃の梅酒」って名前のこの梅酒は、文字通り「白岳」で作られているんですよ。だからなのか本当に美味しかった。しばらく「美味い美味い」って連呼してましたもの。(今もだなw)
で、子守唄と梅酒と諸々お土産として購入。しばらく家飲みが楽しみになりそうだ( ^ω^)

高橋酒造を後にしたら次は「純米焼酎・繊月」を作ってる、繊月酒造へ。

130622-3.jpg

ここは本当に工場の中に入って見学できるとのことで胸躍らせていたのですが、「ちょっと前に団体さんが見学しはじめたからあと追って!」と受付と最初の説明とかブッ飛ばされて仲間入りしたはいいが、おっさんらの後ろにいるうちらには全く聞こえない声でおばちゃんが説明してて、6割意味の分からない工場見学になりましたとさ。
試飲会場に行っても、やっぱり焼酎を説明するおばちゃんの声が全く聞こえなくて、目についたものをちょいちょい飲むって感じ。
だからさっきのような感動的な出会いもなかった。甘酒だけ買った。こういうところで差が出るよねー。ここには金を落としたくない。うん、だからこれで良し。

ちょっと小腹減ったね?となって、あほ子さんが「気になるー」と言っていた餃子のお店へ!
中に入るとフィギュアが雑多と置いてあって、メニューも餃子と飲み物のみという徹底ぶり。
ビールと餃子を頼んで待つこと数分、なにやら餃子なのか?って言うような餃子が出てきましたよー。

130622-4.jpg

一口食べてみて、「んまいっっっ!!」って声でた。
壁に貼ってある色紙に『お菓子のようです』って書かれていたのがわかるぐらいサクサクパリッと軽く食べられる餃子。餡もねちっこくなく、皮はどうしてこうなった?って思うほどのパリパリで、箸が進む進む!!!
あっという間に完食。ごちそうさまでした。

では、そろそろ良い時間だしってことでホテルに向かいます。
車内BGMは明菜ちゃん!!!www
そして俺のコメンタリー付き!!!www
私の興奮っぷりがひどかった。
熊本市内についてホテルにチェックイン。
一息ついた後で飲みにGO!!!
一応事前にちょこちょこ各自では調べてきたけど、どの店も同じかなぁーと思い、ホテルのお兄さんに背中を押していただくことに。
要望をいくつか並べ、それに見合う店を教えてもらい、おめがねにかなった「一風風味 三」ってところに行きました。
店内は薄暗くて席は簾で仕切られていて、店員さんは愛想も良く、なかなかに落ち着ける感じでした。
でも隣のテーブルがいわゆる女子会で、女の子が10人ぐらいいたかなぁー、そこの席がめっちゃうるさかった!
でもこっちもきっとうるさくなっちゃうだろうから、いろんな意味でも落ち着ける感じでしたねw
やっぱり熊本へ来たんだからと馬刺しを注文。
ホテルの人は「地元民が馬刺しを食べる時、値段がそれなりに高いものを食べます」と言っていたけど、貧乏ツーリストな私はそんなお金出せないわよー。
居酒屋馬刺しでもいい!って思って頼んだけど、本当に居酒屋馬刺しだったw
うーん、普通。でも、赤味肉は美味しかったねぇー!!それになによりこの盛の多さよ!

130622-5.jpg

サラダも盛が多かったし、一皿一皿がけっこう大量。
九州の人って大食いが多いのかしら?
瓶ビール→麦焼酎→イモ焼酎と酒も味わって大満足!!!
帰りに部屋飲み用に缶チューハイ買って、お風呂入ってベッドの上でまた乾杯して0時前に就寝。
いやぁーーー、本当に楽しかった( ^ω^)


翌日に続く!!

お出かけ

Secre

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

Author:桃
なるほどキモヲタ、アホまっしぐら!

カテゴリー

Twitter

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ